[Resort PHOTO ALBUM]
[Real Estate PHOTO ALBUM]

ボルネオのエデン   マレーシア サバ

地理

サバは世界で三番目に大きな島-ボルネオの北部にあります。総面積は72,500平方キロメートルで、一年を通しての気温は23℃31℃です。地震や風災がないので、The Land Below The Windと呼ばれています。

人文

ボルオのレジャー地人口約200万人キリスト教及びマレー、中華文化本州の主な文化です。民風が単純で、和気ですから、犯罪率は低いで。土着民族は30部落で、全州に方言約80種類があります。昔はイギリスの殖民地でしたので、今まで、週末に競馬するライフ スタイルも存在しています。

首都

都はコタキナバル(K.K)、サバの西岸にあり、全州の政治、宗教、経済及びレジャー産業の中心です。政府は過去三年に三億リンギットを投資して、空港からK.Kまで海浜高速道路に整備しました

言語

一般的にはマレー語が主体です。中国語、タミール語も使用られます。旅行では英語がよく使われます。日本語表示もだんだん増えています。

通用の貨幣

リンギット(RM)と、セン(SEN)。1リンギットは100セン。
2001年6月:1RM=約¥32.7円

時差

マレーシアと日本の時差は1時間です。